異国情緒あふれる

整形3人組

外国人のような外見になることは、日本人にはとても憧れること。例えば二重まぶただが、日本人は実は二重まぶたになりにくい人種である。まぶたに脂肪が集まりやすいので、一重や奥二重の人が人口比率の中でも多いのである。このため、アイプチでも二重まぶたになりにくい人が多く、効果的に二重にするには美容外科で手術を行なうのが最適なのである。美容外科では糸で埋没する方法や、切開法によって人工的に二重まぶたを作り上げることができる。切開の美容外科手術を行えば、半永久的に二重まぶたの状態を持続させることができるので、歳を取ったとしても消えにくい自然な二重まぶたにすることが可能である。切開する方法は、まぶたの肉が厚く、埋没法では二重になりにくい人に対して行われる。

日本人が外国への憧れを強め始めたのが、鎖国状態出会った当時の日本で横浜が開港されたことがきっかけとなっている。当初は実は横浜ではなく、神奈川港が開港の予定地であったが、横浜の方が開墾されておらず、将来性があったことからこの横浜の土地が選ばれたといわれている。その目論見通り、開港されてから、横浜は商業地として大きく栄えるようになった。当時は外国人が居留できる地域も限られており、横浜の一部に外国人が多く住むことになった。そこから多くの舶来品が日本へ輸入され、未知の世界への憧れが強かった日本人の間で浸透したのである。洋館を始め、色んな文化が横浜から入ることになり、外国人のような容姿に憧れが生まれ始めたのもこの頃であった。このため、いわば横浜から美容外科で二重や鼻を高くして西洋人のような顔になる、という習慣が発祥したと言っても過言ではない。